世の中の事件色々

飲酒運転のリスクを知っておこう

自動車を運転している人なら無視できない飲酒運転の問題。絶対しない、と心に決めていても、状況に流されて犯してしまいがちなものの一つです。飲酒運転をしないためにも、飲酒運転のリスクをしっかりと理解しておきましょう。

まず、飲酒運転はれっきとした犯罪です。酒酔い運転、および酒気帯び運転では犯罪者として逮捕され、懲役刑や罰金刑が課せられることもあり、この場合は前科者となります。また飲酒運転かどうかを判別する飲酒検知を拒否した場合についても、刑罰が課せられることになっています。

前科者になった場合、社会復帰が困難となる可能性があり、一生付きまとう問題となります。飲酒運転を軽く考えていると、本当に人生を破滅してしまいかねないことになるのです。また飲酒運転時に事故を起こすと、より厳重な罰則を受ける可能性もあります。免許を取り消されたり、非常に長い懲役刑を受けることも少なくありません。

飲酒運転で怖いことは、車両の提供をした者にも罰則が課せられることです。法律では、飲酒運転をするおそれのある者に車を提供した人や、お酒を提供した者に対する罰則も規定しています。自分だけでなく、親しい友人や家族にも罪が及ぶ危険があるのです。

したがって飲酒運転については、知識を得て理解を深める必要があります。犯罪者として逮捕されないためにも、安全な運転を心がけるようにしましょう。

記事一覧

ページのトップへ戻る